労務問題wiki:記事一覧

企業などで働く人にとって、どんな働き方をしなければならないのか、また企業の一員である以上は行ってはいけないことなど、さまざまな働くうえでのルールが記載されているのが就業規則です。 ほとんどの企業の場合には、入社する際に就業規則についての説明を受け、書面などで提供されたり、いつでも閲覧することが可能な
会社などで働いていると、企業体質などによっても変わりますが労務問題が発生することがあります。 まずは、不当なものに対しては会社に伝えることができますがなかなか言えるものではありません。 また労務問題になるのかどうか判断するのが難しいや分からない時は無料相談をしてみるとよいです。 現在でも当たり前のよ
それぞれの会社で定められている就業規則は、社員が10人以上の場合は作成し届け出る義務がありますが、9人以下の社員の場合は届け出る義務はありません。 これは法律上の決まりとなっており、規模の小さな会社でもその職場での規則に関しては必要なものであり、社員ごとのここに対応出来る取り決めも作成することも出来
M&Aを行う際に注意しなければいけないこととして、労務問題が有ります。会社を合併したり、買収したりするM&Aに於いては、労働者も合併したり買収したりする対象になるため、労働者の待遇について慎重に検討する必要があるのです。 例えば合併する場合には、合併される側に所属している労働者は従来
企業を経営していると従業員との間で何らかのトラブルが発生することがあります。 その様な問題のことを労務問題と呼んだりするケースもありますが、中には微妙な判断を要するケースなど、簡単には判断できない事例に遭遇することもあります。 その様な際には労働者の権利に関する法律に則して対処するのが妥当であると考
不況の影響から会社で定める労働条件などを含めた就業規則を変更する企業が増えてきているようです。 初めて就業規則の変更を経験したという人も多いのではないでしょうか。 通常、就業規則というのは入社前にきちんと説明があるべきものですが中小企業ではそれすらもないということも珍しくはありません。それだけ使用者
就業規則は、労働者を常時10人以上雇っている場合に、使用者が作成して行政官庁に届出なければなりません。 この10人という数字は、正社員だけに限らずパートやアルバイトなども含めた数字です。 その点は注意する必要があります。 この就業規則は変更することができます。 この場合には、就業規則変更届を行政官庁
就業規則は常時10人以上の労働者を雇っている場合に作成をする義務があり、それを作成したら使用者は行政官庁に届出をしなければなりません。もし届出をしない場合には罰則規定があるので、使用者は労働規則を作成したらしっかりと届出をしなければなりません。 この就業規則の要件である常時10人というのは、パートや
会社など仕事をしている環境では、必ず労働基準法を代表とするような法律に基づいて運営することが必要になります。 法律に関しては使用者と労働者が共に遵守しなければならない項目とされており、逸脱してしまった場合では、いわゆる労務問題に発展してしまことがあります。 労務問題に関しても使用者と労働者の両方が主
労務問題において、労働者は使用者に対して基本的に弱者の立場にあります。 つまり、労務問題が生じた場合、会社としては、労働者はいくらでも代わりがいるわけですが、労働者にとっては、会社の代わりを見つけるのは転職活動が必要になり、新たな就職先を見つけるまで、生活基盤に直接影響が生じることになります。 そこ
労務問題は他人ごとではありません、あなたの身近で起こる問題なのです。 会社側からの急な解雇や退職勧告や、 法外な労働の末の残業代未払い、 会社側からの指示強要など、 身近で起こる労働問題のトラブルに泣き寝入りしていませんか? 労働関係のトラブルは年々増加しており、 特に不当解雇や退職、 残業代未払い